ETFはどんな商品ですか?

投資信託の中で、根強い人気を持つ、インデックスファンドという商品があります。これは、日経平均やTOPIXなど、有名な経済指数を基準に構成されている投資信託であり、これらの指数と連動するような運用を、心がける投資信託でした。

ETFは、このインデックスファンドの後発の位置づけになり、有名な経済指数と連動するように…という意味では、同じような性質を持っているのですが、インデックスファンドとは、いくつかの違いがあります。ひとつは、一般の投資信託とは違い、株式市場で売買できる投資信託(上場投資信託)であることです。したがって、指値での注文や、信用取り引きも可能になっています。次いで、インデックスファンドの場合と異なり、1万円程度から購入できると言うことは、ほとんどありません。少なくとも10万円以上の、ある程度、まとまった資金の投資を受けるものです。インデックスファンドのように、毎月、少額づつ積み立てて…、というのは、なかなか難しいかもしれません。

ただ、信託報酬率といい、販売会社や委託会社などに支払う、投資信託を運営する上での、間接的な経費が低く抑えられているという
特徴があります。基本的にはインデックスファンドの性格を引き継いでいると言えますが、より大きな資金での投資を、と、お考えの方は、ETFにも注目されたほうが良いかもしれません。

コメント

No comments yet.

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ